本日創業75年を迎えました

いつもご愛顧くださいまして、心より御礼申し上げます。
昭和21年12月8日創業の弊社は、おかげさまで本日創業75年を迎えることができました。
 
 戦後間もない昭和21年に、創業者岸浅次郎は、この熱海の地に小さな菓子店を構えました。
大きな鍋でガラガラと豆に砂糖をまぶした豆菓子や、アイスキャンディーを販売していたそうです。
その後、熱海の名産であった『七尾たくあん』をおみやげにできないかと研究に研究を重ね、ついに昭和39年東海道新幹線が開通する年に、当時開発されたばかりの真空パックの技術を使い、七尾たくあんを製品化したことから、漬物店として歩み始めました。
 おかげさまで『七尾たくあん浅次郎漬』は、現在まで多くのお客様に愛され、熱海のおみやげといえば『七尾たくあん』と言われるまでになりました。
変化のスピードが目まぐるしい現代ですが、先人から受け継がれてきた技術・知恵・味を大切に守りつつ、常にアンテナを高く張り巡らせ、新しいものを取り入れる柔軟な精神をもってこれからも前進して参ります。
今後とも、熱海 岸浅次郎商店をご愛顧くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
熱海 岸浅次郎商店
PAGE TOP